「嵐」の15~17作目のシングル

嵐 アイドル

アイドルグループ「嵐」の15作目のシングルは「WISH」です。

この曲は、2005年11月16日に売り出しされ、松本潤が出演した大大好評ドラマ「花より男子」の主題歌に起用されました。

この楽曲は、累計30万枚を突破する大ヒット曲となりました

16作目は「きっと大丈夫」で、2006年5月17日に売り出しされました。

「きっと大丈夫」は、ハウスウェルネスフーズのドリンク「C1000」のCMソングとなりカップリングの「春風スニーカー」は、花王「8×4パウダースプレー」のCMソングに起用されました。

一定段階盤の初回プレスには、嵐のオリジナルファイルが特典として付いており、初回に限り盤には、「きっと大丈夫」のDVDが付属されています。

17作目のシングルは、2006年8月2日に売り出しされた「アオゾラペダル」です。

プロモーションビデオの原案は二宮和也が手がけ、ドラマみたいに仕上げられており、スタイル雑誌「セブンティーン」の専属モデル3人が出演しています。

「アオゾラペダル」は、シンガーソングライターのスガシカオが作詞・作曲をし、映画「ハチミツとクローバー」のエンディングソングに起用されました。

この作品は、初回に限り盤が2スタイルと一定段階版の3スタイルで売り出しされ、全てジャケットのデザインが異なります。

一定段階盤の初回プレスは、アイドル「嵐」の持つメリットいっぱいの歌詞本レットが付いた、豪華なデジパック規格となっています。

初回に限り盤Aの特典は、クリアファイルと「アオゾラペダル」ビデオクリップのDVDです。

初回に限り盤Bの特典は、クリアファイルと「アオゾラペダル」のメイキングフィルムのDVDです。

「嵐」の18、19作目のシングル

アイドルグループ「嵐」の18作目のシングルは、2007年2月21日に売り出しされた「Love so sweet」です。

表題曲の「Love so sweet」は、松本潤が出演したドラマ「花より男子2」の主題歌です。

ドラマの主題歌に起用されたのは、前作の「花より男子」で起用された15作目のシングル「WISH」以来となりました。

初回に限り盤と一定段階盤があり、初回に限り盤には「ファイトソング」と言う楽曲が収録されており、メンバーみんなが出演した「Gの嵐!」の公式応援歌となりました。

この曲はメンバーみんなで作詞して、二宮和也が作曲を手がけました、。

オリコンの2007年3月5日付の週間シングルチャートでは、首位を獲得しました。

2007年の上半期シングルチャートでは3位、年間シングルチャートでも4位にランクインしました、。

19作目のシングルは、2007年5月2日に売り出しされた「We can make it!」です

表題曲の「We can make it!」は、松本潤が主演したドラマ「バンビ~ノ!」の主題歌に起用されました。

ドラマ主題歌は2作連続、そして2クール連続となり、松本潤が出演したタイUPも2作連続となりました、。

カップリングの「Di-Li-Li」は、「C1000」のCMソングに起用されました。

この頃になると、嵐は音楽チャートで数々の記録を残し、メンバー個々のドラマ主演も自然みたいになり、TOPアイドルの地位を確立しました。

タイトルとURLをコピーしました