「嵐」のデビューシングルと2作目のシングル

嵐 アイドル

アイドルグループ「嵐」のデビューシングル「A・RA・SHI」は、1999年11月3日にポニーキャニオンから売り出しされました

ジャニーズ事務所からのCDデビューは「KinKi Kids」以来となりました。

デビューシングルとしては、ジャニーズ事務所の歴代4位の売上を記録し、嵐のシングルで最大のヒット曲となりました。

売り出しが決定した時点での初回出荷枚数は、36万枚と決まっていましたが、売り出しした週のうちに追加出荷されました、。

「A・RA・SHI」は、1999年の「バレーボールワールドカップ」の想像ソングとして発表されました。

バレーボールワールドカップの想像ソングとしては、1995年はV6のデビューシングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」に続くものでした

その後、2003年にはNEWSが「希望~Yell~」でデビューする等、この大会の想像ソングは、ジャニーズ系のアイドルグループが担当するようになっています。

ちなみに、「A・RA・SHI」のジャケットの「嵐」の言葉は、ジャニーズ事務所社長の「ジャニー喜多川」が書いたものです。

嵐2作目のシングル「SUNRISEニッポン/HORIZON」は、2000年4月5日に売り出しされました。

初回に限り盤は、ケースが“フライングディスク”の形をしていました。

この曲で、嵐初となる月間1位を獲得しました。

「SUNRISEニッポン/HORIZON」は、両A面でしたが「HORIZON」のプロモーションビデオは製作されていません、。

「嵐」の3、4作目のシングル

「台風世代」は嵐の3作目のシングルで、2000年7月12日にポニーキャニオンから売り出しされました。

この曲は台詞から始まりますが、これは、「A・RA・SHI」の始まりは櫻井翔のラップからで、次の「SUNRISEニッポン」は大野智のソロから始まっていたので、社長が3作目は台詞することに決め、その台詞を二宮和也が言うことになったのです。

台詞は二宮和也が考えたやうです。

途中で櫻井翔のラップが入り、そこからテンポが徐々に速くなっていきます

前半はバラードですが、後半にはポップミュージックになります。

プロモーションビデオでも、後半と前半の衣装と髪型等にチェンジをつけています、。

嵐の4作目のシングル「感謝カンゲキ雨嵐」は、2000年11月8日に売り出しされ、前作の「台風世代」から4ヶ月ぶりの発表となりました。

表題曲は、テレビドラマ「涙をふいて」のオープニングテーマに起用され、嵐で初のドラマタイUPとなりました。

嵐のコンサートでは、終盤で歌われることが沢山です、。

2008年の「24時間テレビ」は2度目のパーソナリティーを務めましたが、その終盤ではメンバーみんなでこの曲を熱唱しました。

10周年のコンサートでは、感謝のフィーリングを込めて、オープニングで歌われました、。

3作目も4作目も好セールスを記録し、新人アイドルとしては異例の快挙でした。

テレビドラマやバラエティ番組等でも大大活躍するようになり、“TOPアイドル”として早急にも認知されるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました