ジェネレータ出力と言うのは何でしょう

ジェネレータ出力と言う言葉が機動戦士ガンダムで使用されています。

ジェネレータと言うのは発電機の事を意義していますが、機動戦士ガンダム内では意義合いがちょっと変わります。

モビルスーツに熱核反応炉が採用されていて、そこから発電している電力を指しています。

機動戦士ガンダム内の意義合いと言う事ですね。

単位は「W(ワット)」です。

機動戦士ガンダムのジェネレータ出力に対してですが1秒間に1380kWと言う設定になっています。

家電と比較してみると液晶テレビで4500台分ほど、一般ご家族の電気量を見てみると460世帯分を賄える程になると言われています。

もっといっぱい有るかとおもいきや、何となく微妙な数字の様な感じがしますよね。

またこうした比較をした人もいたやうですが、有る原子力発電所の起動は機動戦士ガンダムが400体程いれば出来ると言う事だやうです。

ちなみにですが、機動戦士ガンダム内でジェネレータ出力が一番いっぱい有るのは、ビグ・ザクと言われているモビルスーツで、一年戦争ではは実に最強の攻撃力が有ったモビルスーツになります。

そのビグ・ザクのジェネレータ出力量は140,000kWだと言いますから、機動戦士ガンダムの10倍ほどなってす。

ガンダムの10倍って物凄いシステムとスペックが使えると言う事ですよね。

そう考えると、国力が無い中でこうしたビグ・ザクの様な最強のモビルスーツを作ったジオン公国軍は実に凄いものだとおもうのです。

モビルスーツには水陸両用もある

水陸両用出来るモビルスーツが機動戦士ガンダムには存在しています。

主となる変移手段は水中変移となる為、形が首や腰の箇所が分かれていないで一体となっている一体型モノコックと言う構造になっています。

水中変移を円滑にするお目当てで機体をコンパクトにまとめています。

その特徴として武装兵器を機体内に収納させる様にしています。

その上、ビームライフルと言ったコネクタを使用して手の平に装着する様なスタイルの装備は着けると邪魔なって全く無くなっています。

これ程機体をコンパクト化したのにも関わらず、どうしても克服出来ないデメリットがあるらしいのです。

それがメンテナンスにかんする事です。

グフと言うモビルスーツは元々機体内に兵器を装備させていましたが、メンテナンスに時間も費用もかかるお目当てでカスタマイズして改善されました。

しかしながら水陸両用に関連しては機体内に兵器を収めたいのが主ですのでこうしたカスタマイズは出来ません。

その為、どうしても時間と費用がかかる様になってしまいます。

水陸両用スタイルのモビルスーツが有れば有るほど負担は大きくなるのです。

機動戦士ガンダムのジオン公国軍は国力がありませんでしたのでこうした点はそれなりの負担だったことでしょう。

その負担を負ってだとしても海洋部隊を充実させたかったのでしょう。

こうした色んな駆け引きや細かい設定がされている機動戦士ガンダムはやはり凄いと感じるのです。

だからこそ30年以上経った今だとしても大好評が衰えないのでしょう。

ザクの装備に対して

ザクは機動戦士ガンダム内でジオン公国軍が所有しているモビルスーツとして登場します。

ザクにはザクマシンガンと言う実弾が入った兵器がスタート時から標準として実装されているやうです。

ザクマシンガンは実弾をぶっ放す方式の兵器になりますが、何故ビームライフルを設置させなかったのか、ちょっと疑問が残るところだと考えていいでしょう。

システム的にはザクにビームライフルを装備させる事は出来てしまうんだやうです。

では何故装備行なわせていないのかと言うと、ザクの設計と採用されているミノフスキー教授と創り出した熱核反応炉に問題があるからだやうです。

機動戦士ガンダムは、ビームライフルなどの装備を利用する際には、手の平にコネクタがあり、それと繋いで使ったケース言う感じです。

ビームライフルを撃ち込む際には、核反応炉から電力を大量に使うようにしなければならないとのことです。

ガンダムは良いのですが、ザクがビームライフルを使ったケースでは、電力を使えなくはないのですが、ザク自身が動け感じられなくなる見込みが高いのです。

又、ザクには手の平にコネクタが付いていないので、ビームライフルが装着出来ないと言う構造的問題も有ります。

こうした背景を受けてビームライフルを装着する事がザクには出来ないのです。

であれば言うものの、キヤノンザクと言うモビルスーツが顕現た際には、ビームライフルを使える様に改修されていたやうです。

キヤノンザクはザクに従って創られていますので、考えていただいたかも知れませんね。