スペースコロニーと言うのは

地球環境条件保護や人口増加を解決するお目当てで宇宙に創られたのがスペースコロニーです。

機動戦士ガンダムの話ではここに地球から移住してきて生活する事なってすが、これが一年戦争を勃発させる要因の1つになっていました。

そういった機動戦士ガンダムのなかで表れるスペースコロニーと言うのはどんな物だったのでしょうか。

スペースコロニーは上から目線で見ると筒の様な形に力を入れています。

但し巨大な筒と言った感じで全長は30km以上も有り、幅も6km程有りました。

スペースコロニーの型によっては全長40km以上もする様な物も有った様です。

脇には筒の羽の様な感じてと言えばいいのでしょうか。

ミラーと呼称される物が何枚か付いていて、このケ所が機能する事によって太陽光を反射させてスペースコロニー内に光を投入するかのようにする使命をしていました。

この筒は2分間で1回転する様な設計となっていて、この遠心力によって人工的にスペースコロニー内に重力を創り上げていたのです。

このスペースコロニー内には一定水準の街の様に家が有ったり、道路や川が有ったりして、地球と同じ様に生活出来る様にと居を構えていました。

1つのスペースコロニーには2000全ての人以上の人が住んでいる設定になっています。

この人数、東京都内の人口と比べると沢山と想像していただければ良いかとおもいます。

こうしたスペースコロニーは宇宙にいくつもいくつも配置されていて、人々は移住計画によってこのなかでの生活を強要される様になったのです。

スペースコロニーはどういう位置に存在しているのでしょうか

ジオン公国軍が有るサイド3、アムロ・レイが住んでいるサイド7等、機動戦士ガンダムにはスペースコロニーと呼ばれる物がいっぱい存在しています。

これらのスペースコロニーですがどういう位置配置で構想されていたのでしょうか。

機動戦士ガンダムの設定としては、地球の近辺にスペースコロニーを配置する様に設定されています。

大体地球と月を取り巻く様な感じで配置されていたのです。

個々のスペースコロニーにかんする事を下記に少しばっかり挙げてみたいとおもいます。

【サイド】
先程も挙げた様に、サイド3、サイド7とスペースコロニーの事を言っていましたが、何故サイドと言う様に呼ばれていたのでしょうか。

スペースコロニーが40~80基程集合している有り様の事をサイドと呼んでいます。

スペースコロニーが住所の様に番号分けされていると言う事ですのですね。

1コロニー、2コロニーと言う様な感じでしょうか。

【サイド7】
サイドとして7つ目の物をサイド7と呼んでいます。

アムロ・レイ達がいたサイドになると考えますが、このサイドは珍しくスペースコロニーが1つしかおりましていません。

その事が幸いしてかジオン公国軍から攻撃される際に、このサイドは存在価値のないと判断されて攻撃をされることはなかったそうですのです。

その為に、地球連邦軍の隠れ家的サイドとして取り扱われる様になり、ここでガンダムの開発が内々裏に進められていたのです。

こうしたコロニー達が機動戦士ガンダム内ではは兵器に使われる様になる等、色んな使われ方をしていったのです。

ビーム砲とメガ粒子砲と言うのは

絶対的存在の機動戦士ガンダムのモビルスーツ。

そのモビルスーツに登載している武器をビーム砲と言っているのです。

戦艦やモビルアーマー等に一緒になっている武器をメガ粒子砲と呼んでいます。

このビーム砲とメガ粒子砲ですが、呼び方が違うだけで本当は本質的に同じものだと言います。

では何故呼び方を変化させているのでしょうか。

機動戦士ガンダムに装備されているビーム砲もメガ粒子砲と言うことだと言えるそうですのです。

このメガ粒子砲ですが何であるかと言うとミノフスキー粒子と言う物に対して負荷を掛けます。

そうしたケースメガ粒子と言う高エネルギー体に交換するのです。

これに応じてチャージを砲身にして射光したケース言う物になります。

安易では有りますがメガ粒子砲その理由はこう言う物を指しています。

射出の時点で正常化と言う段階を経いるのですがこの箇所をスキップする事で、メガ粒子が拡散して砲弾の威力が落ちてしまう事なってす。

では何故ビーム砲とメガ粒子砲は同じ物なのに、名前を変化させてしまったのでしょうか。

本当の所はどうであるのか分かりませんが、モビルスーツに登載されているミノフスキー型熱核反応炉はちっちゃいので、兵器を起動させるお目当てで利用するミノフスキー粒子を安定した量で取りだす事があってはなりません。

それを安定させるお目当てでエネルギーパックを外付けして、メガ粒子砲を使える様にしたのです。

そしてこのエネルギーパックを応用して創られたのがビーム砲と言う事になります。

こうした差異がこの2つには有るのです。