何故宇宙に移民をしなければならなかったのでしょうか

宇宙と地球でおこなわれる「戦争」を題材にして機動戦士ガンダムの話が展開されていきます。

よくアニメや戦隊物の番組では悪の組織が地球侵略をしようとし、それを阻止するお目当てで戦っていると言う様な物語展開が沢山とおもいますが、どうも機動戦士ガンダムの戦争はそういった話ではないらしいです。

ではどの様な背景が有るのでしょうか。

近年の地球の人口は造花の一途を辿っていると言われています。

22世紀には100億人を突破するのではと言う見解も有ります。

人口が増加することで色んな資源が必要となり、実り的に環境条件破壊に繋がり地球はみるみる壊滅有り様に進行していく様になるやうです。

機動戦士ガンダムの設定はこうした事を取り投入していて、人口90億人になってしまい環境条件破壊が進行してしまっている所から出だししています。

この環境条件破壊によって人が住めなくなってしまい、さらに生物も生息できなくなってしまう位に壊滅有り様が進行していたのです。

地球は「地球連邦」と言う1つの国家として統一されており、この問題に重きを置き考え「宇宙移民計画と言う大スケールなプロジェクトを実行せざるを得なくなったのです。

宇宙にスペースコロニーと言う人が生活する為のスペースと環境条件を創ります。

そして地球から宇宙へ移民させます。

そうしたケース地球に住む人口は確実に減りますよね。

地球連邦のイメージとしては人口が節減する事で地球が元に戻る様になり環境条件保護をしていこうと言う考えだったのです。

ですので宇宙に移民と言う突拍子もない考えが出てきたのです。

どうしてモビルスーツのロボットで戦争をしたのでしょうか

ガンダムやザクと言ったモビルスーツ(MS)は機動戦士ガンダムの最大の特徴ですが、機動戦士ガンダムの地球連邦軍側のモビルスーツはガンダムですが、ジオン公国軍ではザクになります。

何故戦う為にモビルスーツでなければならなかったのでしょうか。

シャア率いるジオン公国軍は宇宙移民時に出来あがったばっかりの国になります。

それも国家として認められている訳ではなく、単純にジオン公国軍だと宣言していただけに過ぎませんので資金力が実に乏しかった様ですのです。

資金が無ければ軍備は揃えられませんが無ければ戦う事は出来ません。

それならば今有る環境条件で地球連邦軍に勝つ為の方式を考えなければならないと考えたのです。

そこでミノフスキー博士と共に「ミノフスキー粒子」と言う物を使用していこうと考え付いたのです。

ミノフスキー粒子を空中に高濃さで散布する事によって、電子機材類のシステムを奪う事が出来ます。

つまり武器としてのシステムを奪ってしまうのです。

これを利用する事で誰かを前線に送りださなくても相手と戦う事が可能なようんなると言う法則を見つけて学会に発表したのにも関わらず、異端児扱いされた博士は学界を追われると言う事態になっていくというわけです。

その博士をジオン公国がフルパワーで協力してミノフスキー粒子を活かせないか考えたのです。

この思惑を実行するお目当てで必要だったのがモビルスーツでした。

モビルスーツを使用して粒子使った戦術を実行し相手に多大なるダメージを負わせる。

これによってわずか資金だとしても軍事力が整えられる様になる。

これがモビルスーツを使った最大の理由ですのです。

機動戦士ガンダムにおけるニュースタイルと言うのは

新人類と言う言葉がいつぞやトレンドった様におもえます。

それと同じ様なのかなんなのか、機動戦士ガンダムのなかで出てくる言葉に「ニュースタイル」と言う言葉が有ります。

これは直感が働き、色んな事を瞬時に把捉する事が出来ると言う様なキャパシティを持っている物と言う感じで機動戦士ガンダムのアニメ内では指している様です。

つまり機動戦士ガンダム内における新人類と言う感じですのでしょうね。

地球から地球環境条件汚染を守るお目当てで宇宙に疎開するお目当てで創られた「スペースコロニー」。

ここで生活するお目当てで宇宙移民計画と言う計画が実行される事になります。

ここで生活をしている人達は不当な扱いを政府から受けたり、宇宙で生活する事で生じる生命の危機感だったり、孤独感だったり、独立心の熱意感だったりが徐々に高まってくる様になりました。

そういった中、人類は色んなキャパシティがおのずと身に対してしまったのだと考えられています。

つまり宇宙で生活するお目当てで人間が適用しようとした実り身に付いたキャパシティと言う事になります。

と言うのは言う物の、全ての人達がキャパシティを身に付けた訳では有りませんでした。

その為に、ニュースタイルの存在を信じない人も当然いたのです。

しかしながら、ニュースタイルであるアムロ・レイやシャアの大大活躍を見ていく内にその損ザウィを認めざるを得なくなってきて、実りニュースタイルのキャパシティを研究する機関を設ける事になりました。

こうしたニュースタイルの存在によって、戦局は変化していきますし、色んな悲劇や苦しみを味わう事になったり、戦争の道具としてしか扱われなくなったりしてしまう様になりました。

こうした色んな物語がガンダム内には有るのです。

機動戦士ガンダムの等身大

お台場に等身大の機動戦士ガンダムが立っていたのは記憶に新しい所だとおもいます。

お台場に有ったのは高さ18メートルの等身大ガンダムで、機動戦士ガンダムがテレビシリーズとして始まってから30周年を記念して建造された物だった様です。

今までの実物大の機動戦士ガンダムと言うとA構成部品を実物大で作った富士急ハイランドがポピュラーですが、等身大として全身を創るのは初めての事だった様です。

やはり等身大のガンダムを見たいと言うのは、ガンダムがおお好きな人から見たら夢みたいなものですよね。

それがお台場に登場したケース言いますので見に行った人は多かったのではないでしょうか。

高さ18メートルと言いますから創るのにはかなり大変だった様ですが、鉄骨とFRPを使用して創られた様です。

その上頭部が上下左右に機動ますし、目や肩には警告ライトが設定されていますし、両胸や足首、背中等にはミストが噴射出来るギミックが14ヶ所も登載されていると言います。

夜にはライトUPもされたので、見に行った人は色んなガンダムを見る事が出来て夢の様だったのではないでしょうか。

2009年はテレビシリーズ開始から30周年と言う記念周年だったので、ガンダムファンへの御礼のつもりで作ったと言います。

お台場への立像だけじゃなくって博覧会等も開催する等色んな催事が30周年記念として開催された様です。

まさに機動戦士ガンダムファンにとっては夢の様な1年間だったのではないでしょうか。