『機動戦士ガンダムOO』物語

2000年代に入っても機動戦士ガンダムシリーズはいっぱい放送されています。

その中だとしても「機動戦士ガンダムOO」の物語に対して挙げてみたいとおもいます。

「OO」は「ダブルオー」と読みます。

OOの時代背景は西暦2312年となっていて、今よりだいぶ未来の設定です。

この4年前にはソレスタルビーイングVS国連軍と言う最終決戦がおこなわれていたやうです。

この舞台では「アロウズ」と呼ばれる独立治安キープ部隊が結成されていました。

この組織のお目当てとしては国家全体が同じ意志で統一する事としていたやうです。

この組織は連邦の正規組織群と言うのは別となっていました。

立派なお目当てや肩書は有ったのですが、実態は反政府勢力を主体に、非人道的な事もおこなう力で支配している組織だった様です。

この正規軍とアロウズとの改革に巻き込まれてしまったのが主人公の沙慈・クロスロードですのです。

沙慈・クロスロードは宇宙手並み者の道を本当は進行していました。

これは有る人との約束を守るお目当てで進行していた道でした。

それにも関わらずこの改革に巻き込まれていく事になり、やりきれないおもいでした。

それと言うのは違う所で、平和なワールドを夢見ていた刹那・F・セイエイと言う人がいました。

しかしながらその夢も叶う事無く、アロウズのおこないを見て何とかしなくてはいけないとおもい、再決戦を行う事を決めるのです。

その戦いの時に出てきたのがモビルスーツガンダムです。

ガンダムをコントロールして戦う事で、平和を取り戻していく事が出来るのでしょうか。

これがOOの大体のあらすじになります。

機動戦士ガンダムの登場キャラクター【地球連邦軍編】

初代機動戦士ガンダムに出現してくる人物はいっぱいいます。

ここでは機動戦士ガンダムの地球連邦軍に属している登場キャラクターを1部では有りますがご紹介してみましょう。

やはり先ずはこの人からですよね。

「殴ったな。

父さんにもぶたれた事ないのに」と言うセリフを聞いた事が有る人は沢山でしょう。

このセリフを言ったのが主人公の「アムロ・レイ」です。

ガンダムのメインパイロットと言いますからハキハキしていて明るい想像を持たれている方も沢山でしょうが、実はアムロ・レイは内向的な性格で人と会話すると比べると機械を触っている方が良いと言う少年です。

スペースコロニーのサイド7の現地人です。

少し前にも書いた通りガンダムのメインパイロットとして仕事に従事する事になり、ストーリーではジオン公国軍のシャア達等と戦っていくことだと言えます。

メインパイロットになった事自体、たまたまガンダムのマニュアルを手にしたしかない事だったので初めは戦いにも乗り気ではありませんでしたが、ジオン公国軍との戦いを通して、精神的に徐々に変化していく様子が描かれていて機動戦士ガンダムの見何処ろの1つとなっています。

次にモビルスーツ、ガンダムを開発し出現させたのがアムロ・レイの父親「テム・レイ」になります。

次にアムロ・レイ達がいる地球連邦軍の最高司令官として働いていたのが「レビル」です。

ジオン公国軍へ掴まって捕虜になったり、民間人へ支援したりとイロイロな活動をしてきましたが、ジオン公国軍との戦いに敗れ、亡くなってしまうと言う運命を辿ります。

次にフィギュアとして大好評を集めた「マチルダ・アジャン」です。

ホワイトベースのメンテナンス指揮官として働いていましたが、ジオン公国軍の攻撃で亡くなる運命を辿ります。

機動戦士ガンダムの登場キャラクター【ジオン軍編】

味方の組織と敵の組織が機動戦士ガンダムには存在します。

ここでは機動戦士ガンダム内における敵方の組織であるジオン軍の登場キャラクターに対してご紹介してみたいとおもいます。

やはり何と言っても先に紹介しなければならないのが「赤い彗星」でお馴染みの「シャア・アズナブル」です。

ジオン軍の将官の使命を果たしていて、地球連邦軍からは恐れられる位置付けだった様です。

シャアの任務としてはガンダムの追撃が最優先にいます。

そのお勤めを行う契機になった出来事としては、ゲリラ掃討製作からシャアが戻ってくる際に、偶然ホワイトベースを見つけた事に始まります。

ここでガンダムと交戦になったのを契機にガンダムとの戦いが始まったのです。

次にジオン軍のモビルスーツであるザクのパイロットとして働いた「デニム」です。

地球連邦軍のモビルスーツで有るガンダムを偵察する事を任務として、サイド7に部下と共に侵入して行く役何処ろです。

次にそのデニムと供にサイド7に偵察の為に侵入した部下が「ジーン」です。

同様にザクのパイロットとして働いています。

後々、ガンダムのガンタンクとガンキャノンをジーンが破壊してしまうのですが、実り的にガンダムと戦って散ってしまいました。

次に「クラウン」ですが、ジオン軍のザクのパイロットとして働いていました。

大気圏にホワイトベースが突入してしまう直前にザクをコントロールして攻撃を加えたのですが、大気圏に供に突入してしまい、燃え尽きてしまう事になりました。