おススメの外国ドラマ(drama)(LOST)

ニッポンでは、三大外国ドラマ(drama)と呼ばれている3つのドラマ(drama)が有りますが、ご存知ですか。

たまたま、その3本のドラマ(drama)がほぼ同じ時期にニッポンに入ってきたということと、3本とも群を抜く面白さだったことから、そのように呼ばれるようになりました。

その三大外国ドラマ(drama)というのは、“24‐TWENTY FOUR‐”、“プリズン・ブレイク”、そしてこの度ご紹介いたします“LOST”です。

3つとも、まったく異なったカテゴリーのドラマ(drama)であるにもかかわらず、どれもたいへん高いおなじみを得ていました。

LOSTというドラマ(drama)には、あらゆるカテゴリーの要素が含有されていますが、特にSFやオカルト、ミステリー、サバイバル、そしてアドベンチャー的なドラマ(drama)がおおお好みなかたに、強力におススメしたいドラマ(drama)です。

ヒット作を次々に生み出しているJ・J・エイブラムスが脚本・監督・作製を務めています。

それだけでも、もう期待度大ですね。

容易なあらすじは、フライト機の墜落事故によって、何処か分からない無人島に漂着した48人が織りなす物語です。

墜落当初は、直ぐに救助が来るとおもい、楽観視しているが、無人島では怪奇現象がぞくぞく発生し、いつになっても救助は来ない。

その内、島を探検しているうちに“他の者たち”の存在に気付き始める。
登場キャラクターは各々に個性的で利点が有りますし、過去と未来を上手に交差させながら、数多くの謎を少しずつ解明しながら進行してゆく物語は、早急に先が観たくていてもたってもいられない気味にさせます。

三大外国ドラマ(drama)は、どれも先が気になる創りになっているのですが。
シーズン6でやっとたどり着いた最終回も賛否両論で盛り上がった大作LOST。
非日常を感覚たいあなたにおススメです。

おススメの外国ドラマ(drama)(スーパーナチュラル)

外国ドラマ(drama)ファンのかたに、おお好みな外国ドラマ(drama)をいくつか挙げてもらいますと、おおよそ入っているのがこの度ご紹介いたします“スーパーナチュラル”です。
タイトルからイメージできますでしょうか。
このドラマ(drama)は、ホラー作品です。
より一層正確に申せば、行動ホラーサスペンスですね。
ですので、全ての人におススメしにくいようにもおもわれますが、敢えてどなたにもおススメしたいとおもいます。
たいへん容易に内容を説明したケースすれば、ハンサム兄弟が車でU.S.A.各地を付近、悪霊退治してゆくという一話完結型の物語展開です。
キリスト教のワールド観が根底に流れているような、ある趣旨、かなりU.S.A.らしいドラマ(drama)とも言えます。
ただ、兄弟が悪霊退治しながらU.S.A.を周るドラマ(drama)が、何故そういったにおなじみがあるのかと申しますと、それはもう現実にご覧になっていただくのが一番早いわけですが、とくに話題したいのは、その兄弟愛でしょうか。
身内愛や身内だからこその苦悩等々が、たいへん上手く描かれています。
当初は、3シーズンくらいで終わるように作ったらしいのですが、あまりのおなじみの高さから少しずつ延長し、近年では、シーズン14まで作製予定と言われていますが、どうなることでしょう。
回を重ねる度に、いつのまにか悪霊退治が壮大なスケールになってゆき、人間くさい天使や悪魔が多々、登場してくるようになります。
我々ニッポン人には、あまり馴染みがないようにおもえますが、物語が面白いので、途中で視聴するのを止める等というのはかんがえられません。
主役の兄弟がハンサムの為、女の人のファンがたいへん沢山ならしいですが、現実には男性ファンも沢山なです。
“天使”、“悪魔”、“セイレーン”、“魔女”、“ネフィリム”、“シェイプシフター”、“死神”、“ヴァンパイア”、“ゾンビ”等という存在、そして、“聖水”、“十字架”、“塩”、“魔除けのペンダント”、“煉獄の杖”、“石版”、“モーゼの杖”、“地獄の門”、“カインの刻印”等々の単語を耳にしたケース背筋がゾクゾクしてしまうというかたには、絶対的におススメしたいドラマ(drama)です。