外国ドラマ(drama)の利点(3)

外国ドラマ(drama)をご覧になるかたのなかには、語学に役立てようと観はじめたところが、物語が面白すぎてそのままハマってしまったというかたも少なくございません。
あなたももし、英語が上達したいと思っていらっしゃるのならば、外国ドラマ(drama)はおススメです。
吹き替えでなく、字幕でご覧になってちょうだい。
と申しますのも、U.S.A.のドラマ(drama)でもカナダのドラマ(drama)でもみたいですが、日常的に国民が使用している英語が使われているからです。
新しいドラマ(drama)であるのならあるほど、最新の若者言葉等も出てきます。
外国でも、ニッポンと同じように若者言葉が存在していますので、そんな言い回しを覚えるには、外国ドラマ(drama)は最適でしょう。
又、それほど語学に興味があるわけではないため、吹き替えでご覧になっているかたも沢山なとおもいます。
吹き替えのほうが、画面に集中出来ますから、語学に関心がなければそれがいいかも知れません。
吹き替えのケースであっても、欧米人がよく言うハイセンスなジョークや、物怖じしないあの社交性等、ニッポンのドラマ(drama)からは学べないものをいろいろと参照に出来ます。
又、外国の通例の日常生活を垣間見ることが出来るので、将来的に外国生活をしてみたいというかたには大いに参照になるでしょう。
韓国ドラマ(drama)のケースには韓国の常々の生活の様子が、台湾ドラマ(drama)のケースには台湾の常々の生活の様子がよくわかりますから、ドラマ(drama)の物語以外にも楽しめる部位が盛りだくさんです。
お洒落に興味のあるかたなら、スタイルやヘアスタイル、メイク等の参照にもなりますね。
幅ワイド物事における“ワールド基準”を学ぶことが出来る外国ドラマ(drama)、おススメです。

おススメの外国ドラマ(drama)(ER緊急救命室)

さて、それではさっそくおススメの外国ドラマ(drama)を、いくつかご紹介してまいりましょう。
カテゴリーのお好みに係わらず、どなたにもおススメ出来るのが、“ER緊急救命室”です。
そのタイトルの通り医療ドラマ(drama)ですので、全て創り物であるというのはいえ手術現状等は有ります。
そんな現状がどうしても苦手なかたは、視聴するのが難しいかも知れませんが、このドラマ(drama)はシーズン15まで作られたお宝です。
かなり昔のことになりますが、ニッポンの地上波でもNHKで放送され、たいへん評判がよかった外国ドラマ(drama)です。
ニッポンの医療ドラマ(drama)も、大変面白く観られるものが有りますが、一度このER緊急救命室をご覧になってみますと、ニッポンの医療ドラマ(drama)との差に驚きます。
まず、緊急救命室で起こりそうなあらゆることをたいへんリアルに描写しているので、緊迫感がもの凄いです。
そして、次々と患者が運び込まれて来るので、その度に物語は目まぐるしく変化してゆきます。
だけど、その次々に変わってゆく物語におきましても、ひとりの患者につき一つのドラマ(drama)が展開されるという感覚で、一回のドラマ(drama)のなかに、細かいドラマ(drama)がいっぱい詰め込んであるようにもおもえます。
緊急救命屋内の録画ではは、常に忙しく機動まわる医療スタッフたちの姿が本物そっくりに描かれていて、息をつかせぬ展開であっという間に1時間が経過してしまいます。
現実、U.S.A.のERでは、こんな風にして医学生や医師、看護師たちが働いているのだなと毎度、感動することによってしょう。
U.S.A.人はニッポン人ほど働かないというのが定説になっていますが、このドラマ(drama)を視聴していますと、少なくとも医療界でははとんでもないおもい差異だということがわかります。
あの有名なジョージ・クルーニーの出世作と評判のER緊急救命室、ドラマ(drama)おお好みなかた全員におススメします。